CHECK

結婚の証として交換!買い方や選び方など結婚指輪の基礎知識を解説します

当サイトでは結婚の証として交換する結婚指輪に関する情報を掲載しています。
買い方から選び方までマリッジリングの基礎知識を解説していますので、これから購入したい場合にはぜひ参考にしてみてください。
またペアで使うマリッジリングの定番スタイルも説明しています。
普遍的な人気のあるスタイルを知っておくと選ぶ際に役立つでしょう。
さらに指輪の多彩なデザインと選び方も解説しています。
色々なタイプの中から選びたい人におすすめです。

結婚の証として交換!買い方や選び方など結婚指輪の基礎知識を解説します

結婚指輪を用意しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
その場合にはまず基礎知識を押さえておくと安心です。
結婚指輪を買う場合には、ブライダルジュエリー専門店や一般のジュエリーショップが利用できます。
選ぶ際にはネットや雑誌などで好みのデザインをチェックしたのち、いくつかのショップに足を運んで下見するのがおすすめです。
購入を決める前には試着をして、実際に指に着けたときの感触や見た目などをチェックしておきます。

どうして結婚指輪は薬指に付けるのか

結婚指輪は左手の薬指につけるものとされていますが、これにはどのような理由があるのでしょうか。
どうやらこれは古代のギリシアの習慣にさかのぼるようで、当時、この指には心臓につながる血管があると考えられており、そして心臓こそが人の感情を司っているとされていたからです。
つまり、この結婚指輪によって相手の心をしっかりと掴む意味合いがあったものと思われます。
もちろんこれは現代の知識からすると合理的とは言えません。
心臓につながる血管ということで言えば、それこそ全身の全ての血管がそこに繋がっています。
心臓という漢字とか英語のハートという言葉からも、そこに心とか感情が宿っているという考えは、古代のみならず近代までも続いていたのかもしれませんが、現代の医学からすればそれは頭というか脳にあるわけです。
しかしながら古代から続く習慣というものはそう簡単には置き換わったり廃れたりするようなものではなく、今でもしっかりと継続しています。

知っておきたい結婚指輪の奥深い歴史

女性にとって結婚とは幸せの象徴であり、それを目指している人も少なくありません。
婚約指輪でピロポーズされることにことさらこだわるのは、結婚が約束され幸せの絶頂であるからなんです。
結婚が確定すると二人は様々な段取りと準備をしていかないといけません。
披露宴会場の選定に日取りの決定、ウエディングドレスなど婚礼衣装選びにメイクアップなども決めないといけないんです。
忘れられがちなのが、結婚指輪を購入しておくことです。
結婚指輪は挙式でリングの交換があり、その日から死ぬまで一生身に着けないといけないリングです。
この結婚指輪の歴史は、非常に古く古代ローマ時代までさかのぼるんです。
紀元前三世紀には結婚式の概念があり、指輪も婚姻の証として交換されました。
日本ではキリスト教の伝来とともに広まっていったんです。
キリスト教の結婚式では結婚指輪は必要不可欠でした。
そして日本のダイヤモンド研磨技術の向上とともに、明治から大正にかけて一般にも広がったのです。

結婚指輪の平均的な購入価格と相場

結婚指輪の平均的な購入価格と相場ですが、全てのカップルに確実な調査をすることもできませんので、調査の仕方などによっても差は生じるのですが、新郎と新婦の二本を合わせて20万円から30万円という人が約半数を占めており、20万円台がボリュームゾーンということができます。
この次は10万円から20万円で約30%程度です。
言い替えれば結婚指輪の平均的な購入価格は10万円から30万円の範囲内に8割のカップルが収まっているということで、大多数の人がここに含まれていると言えるでしょう。
10万円以下ではさすがに一生の記念になるような品物選び自体が難しく、数パーセントくらいしかいません。
逆に30万円以上という人のほうが多いですが、それでも10%かそこらであり、少数派であることは間違いありません。
なお、この統計は結婚してもそもそも指輪を購入しなかった人は含まれませんが、そういう人もやはり少なく、全体の数パーセント程度と言われています。

結婚指輪を探し始めるのにおすすめの時期

女性が男性からプロポーズされ、それを承諾したら結婚することが確定します。
するとそこから矢継ぎ早に次々と結婚式に向けて行っていかなければいけない事があるのです。
まず結婚式の日取りを決めなければいけません。
それに付随し式場選びも行っていく必要があります。
ウエディングドレスの選定に、メイクアップやヘアスタイルを選ぶ五ことも重要です。
そのうえで得忘れ得られがちなのが、結婚指輪を購入うすることなんです。
結婚指輪の購入時期や探し始めるのに最適の時期とは。
結婚式の日取りが決まり、挙式当日から数えて半年前から探し始めて丁度良いくらいです。
結婚指輪は一見単純で、どれを選んでも一緒と思う人がいますが、素材やデザイン等実に様々あり、探し出すと迷ってしまってなかなか決まりません。
さらにはリングの裏に刻印を入れたり、サイズ直しをしていると意外と時間がかかってしまうものなのです。
挙式の半年前から探していても丁度ぐらいになります。

結婚指輪に関する情報サイト
結婚指輪の情報サイト

当サイトでは結婚の証として交換する結婚指輪に関する情報を掲載しています。
買い方から選び方までマリッジリングの基礎知識を解説していますので、これから購入したい場合にはぜひ参考にしてみてください。
またペアで使うマリッジリングの定番スタイルも説明しています。
普遍的な人気のあるスタイルを知っておくと選ぶ際に役立つでしょう。
さらに指輪の多彩なデザインと選び方も解説しています。
色々なタイプの中から選びたい人におすすめです。

Search